レバ刺し好きに朗報!またレバ刺しを食べられる日がくるなんて。で、その正体はなんと………

レバ刺し好きに朗報!またレバ刺しを食べられる日がくるなんて。で、その正体はなんと………

今では幻の食材になりつつあるレバ刺し。

2012年までは、街の庶民的な焼き肉店から高級焼き肉店まで、どこに行っても食べることができました。

焼き肉店に行くと、まずは、焼き物の前にレバ刺しとユッケを頼もうか、ついでにビールもね、なんてことが当たり前にできてた時代がありました。

レバ刺しが食べられなくなって、もう6年も経ったんだね(遠い目)

なんだか、焼き肉を食べに行く楽しみを奪われたような気がする。

ユッケに関しては、レバ刺しのように完全禁止になったわけではなく、条件つきで提供してもよいそうです。

しかし、牛のユッケにはとても厳しく高い基準を設けているので、どこの焼き肉店に行ってもなかなかお目にかかれません。

 

味も食感も見た目もレバ刺しそっくりな【森のレバ刺】

森のレバ刺し

そこで、レバ刺し食べたい病にかかっている人たちに朗報です。

レバ刺しそっくりな食感。新感覚のレバ刺しにビックリしました。

生食用の牛レバーを天然のアミタケキノコで再現した、見た目も食感もレバ刺しそっくりさんが登場しました。

その名も 焼き肉王国岩手発「森のレバ刺」

ナイスネーミング!

なんでも、プリプリした食感がレバ刺しそっくりとか。

天然のアミタケを加熱処理後にレバ刺し風に薄く切って、塩で味付けしました。

ごま油をつけて食べるところは、レバ刺しとまるで同じです。

お値段は小売価格が1袋80g 400円(税別)

商品を手がけたのは、岩手県九戸郡に所在する㈱長根商店という、キノコや山菜などの加工品を製造販売する会社です。

商品は盛岡市内の焼き肉店4店舗と久慈市の道の駅、山田町の道の駅で販売します。

レバ刺しフアンなら食べてみたい!と思いますよね。

しかし遠方に住む人は、手に入れるのが今のところ難しそう。

でも大丈夫、通販でも購入できます。

㈱長根商店から通販で購入できます。

こんにゃくで、レバ刺しそっくりに作ったマンナンレバーなるものもあります。

スーパーなどでも購入できますが、食べてみたところ、うーん、やっぱりこんにゃくかな?

ローカロリーだから、体重にもやさしそうだけど。

 

レバ刺しが販売されなくなったわけ

牛の生レバーを食べることが完全禁止になったのは、端的にいえば、牛ユッケなどの生肉を食べたことによる食中毒で死者が出たからです。

まだ記憶にある人もいると思いますが、2011年に富山県のとある焼き肉店で提供された、牛ユッケなどの生肉メニューを食べたことにより、死者5人を含む181人もの食中毒被害者をだしました。

この集団食中毒事件をきっかけに、牛の生レバーなどの生肉の提供が禁止になりました。

まとめ 牛レバーは必ず焼いて食すことが重要

レバ刺しって本当においしいですよね。

食感がプリプリして、口の中で甘さがほわーっと広がる。

妊娠中もそうでない時も、よく食べていました。

スーパーでも、生食用として普通に売っていたんですけどね。

普通に食べられなくなって、非常に残念です。

どうしても、食べたかったら焼いて食べよう。

と、いいながら

でも私、焼いたのは苦手です。

なんか、口の中でモソモソして美味しいと思わない。

やっぱり生で食べるのが一番おいしい。

どうしても生肉でレバーが食べたいなら、それに代わるもので代用するというのはどうですか?

鳥刺し

たとえば、馬刺しや鶏刺しなら、法律違反になっていないので、飲食店でも提供しています。

ただし、馬刺しも鳥刺しも生は生です。

私の友人に鶏モモのたたきで、あたった人が数人います。

大阪のとある焼き鳥店で、鶏ユッケを食べた大学生の男女33人が、下痢や発熱といった症状を訴えた事例もあります。

そのなかで、3人から食中毒菌カンピロバクターが検出されました。

美味しいものを食べるって、危険との背中合わせですね。

結局、自己責任で、なにかあってもすべて受け入れる覚悟で食べるしかないです。

法律で禁止されていなくても、やはりどんな生肉でもしっかりと加熱調理されて提供されたものを、食べる方が安全です。

先に紹介した、天然キノコで作った森のレバ刺しなら、安全安心ローカロリー、ロープライスといいことづくめ。

1度食べてみる価値はあるかも。

グルメカテゴリの最新記事