押し買い業者のしつこい電話はこう撃退する! 甘い言葉を鵜呑みにしないで

押し買い業者のしつこい電話はこう撃退する! 甘い言葉を鵜呑みにしないで

高齢者宅を訪問して貴金属などを強引に買い取る「押し買い」を繰り返していたとみられる会社グループが大阪国税局の税務調査を受け、平成29年までの5年間に計約11億円の所得隠しを指摘されたことが13日、関係者への取材で分かった。押し買いで得た所得の一部を免れたとみられ、追徴税額は、重加算税を含め計約6億円の見通し。

Yahoo!ニュースより引用

押し買いグループが、5年で11億円の所得隠しだと!

そりゃあ、あれだけ詐欺を働けば儲かるよなあ。

そんな詐欺集団が、真面目に申告なんてするわけがないです。

 

押し買い(おしかい)とは

犯人

簡単にいうと、業者が個人宅を訪問し、不用品を買い取ること。

こう聞くと、

ラッキーじゃん!わざわざ家まで足を運んできてくれて、不用品を買い取ってくれるんでしょう。

と、一瞬、「お得かもしれない」と思うかもしれません。

実際は、悪質なが業者が高齢者の自宅へ押しかけ、用意した不要品以外の品物を安値で強引に買い取る、それが押し買い業者なのです。

業者が好んで買い取るものは、宝石やアクセサリーなどの貴金属、着物や時計など高価なものが大多数です。

私は、押し買いという言葉をつい最近知りましたが、2010年ごろ、金の相場が値上がりしたころから増えてきたそうです。

その頃から、自宅に押しかけた押し買い業者から、ありえない安値で貴金属などを強引に買い取られたという、押し買いトラブルが発生していたようです。

押し売りとは真逆ですね。

押し売りは、高額で売りつけたいものを相手が購入してくれるまで、居座って帰らない。

押し買いは、狙ったものを安値で売ってくれるまで、居座って帰らない。

押し売りといえば、サザエさんを思い出す私です。

 

押し買いのしつこい電話を撃退して被害にあわない方法

留守番電話

そんなこと、簡単ですよ。

●電話でナンバーディスプレイを利用して、知らない電話番号には出ないか、留守番電話にする。

●電話に出てしまったら、話を聞かないで毅然と断る。

ガチャ切りでも、いいと思います。

●つい最近、リサイクルショップに持って行ったばかりだから、家にはなにも残っていないの、と説明する。

●管理はすべて息子に任せているから、私はなにもわからないの、という。

 

断るセリフはいくらでもありますよ。

それでも、あまりにもしつこいようなら、警察に相談すると伝えましょう。

そうすると、なにもいってこなくなりますよ。

もしも家に直接訪ねてきたら、インターホン越しに断りましょう。

絶対に家に入れてはいけません。

家に入れたら最後。

高齢者が1人だとわかった時点でヤバイです。

安物の不用品には目もくれず、貴金属やアクセサリーやブランド品など、高価なものを査定させるようにしつこく迫ります。

相手が弱い女性や1人暮らしのお年寄りだとわかると、脅迫まがいのことをする場合もあります。

数人でやってきて、1人が査定しているあいだに、残りの者たちで勝手に部屋の中を物色することもあります。

押し買いはとにかくしつこい粘着質な態度で、まだ、なにかあるでしょう、出してくださいよ。と何時間でも居座り続けます。

1人の時には絶対に家に入れないでください。

しかし、なんで他人の家の電話番号がわかるのかな?

やっぱり、あれですかねえ。

どこかの業者から、人んちの電話番号リストとか買ってるんでしょうかね。

 

押し買いは、不用品をいくらぐらいで買い取るのか

宝石

押し買いの、最初にかけてくるオペレーターは、おもに女性。

女性からの電話で、相手に警戒心をもたせないようにする作戦です。

そして、そこで押し買いは、家の中の不用品はなんでも買い取ると、お得感をアピール。

ボロボロの洋服、Tシャツ1枚でもOKです。

ピアスは片方しかなくても大丈夫。

黄ばんで汚れた着物でも買い取りますよ。

切手とかも大歓迎!

そして、査定をお願いすると、息が止まりそうなくらいビックリする値段をつけられます。

ブランド品のネックレスが 数円

中古といえども100点以上の洋服を出して、数円~数十円の値段。

なにそれ、ふざけてんの?(怒)

確かに電話で高価買取とはいってなかったけど、これじゃあ中古劇場に持って行くほうがマシじゃないの。

ユニクロにお願いして、発展途上国に送ってもらった方がどれだけいいか。

押し買いの真の狙いは宝石や貴金属、ブランド品を、ぶっちぎり安く買うことだったんです。

なんでも買い取るといいながら。

はっきりいって、それ以外のブツには興味がありません。

オペレーターの、なんでも買い取りますよ~という、甘い言葉は、客を誘き寄せて油断させるための常套句だったんです。

 

押し買いがもっとも狙うものは

押し買いがもっとも欲しがるのが金、プラチナなどの貴金属です。

貴金属は高値で値段が安定しているので、多くの押し買い業者が躍起になって安値で手に入れようとしています。

これが1番利益が大きい。

 

押し買い業者の被害にあったらどうするか

もしも押し買いの被害にあったと思ったら、8日以内に業者に連絡をしてクーリングオフをしましょう。

もしも業者が渋る(絶対に渋るに決まっている)ようであれば、警察や消費者センターに相談するようにしてください。

1人で対応していたため、怖くて断れなかった。

でも泣き寝入りはしたくない。

そんな時は、クーリングオフを適用しましょう。

押し買いに買いたたかれて大損するくらいなら、家族に頼んでメルカリやヤフオクに出品してもらうか、ラジオやテレビなどで宣伝している信頼のおける高価買取店で査定してもらって、納得がいったら売るようにした方がいいです。

だいたい、ボロボロの服1枚でも買い取ります、車で駆けつけて査定します。

なんて、どう考えても怪しいでしょう。

事件カテゴリの最新記事