2019年の関西・神戸の百貨店のおせちは肉推し こんなおせち待ってた

2019年の関西・神戸の百貨店のおせちは肉推し こんなおせち待ってた

神戸大丸

神戸といえば、神戸牛・神戸ビーフが有名です。

神戸牛は、世界的にも有名な高級肉ですよね。

 

ここ数年の間に、兵庫県を代表する繁華街三宮に、ステーキ店がかなり増えました。

生田神社近くに何軒も軒を連ねた、ステーキ・ストリートがあります。

神戸に行けば、美味しい牛肉が食べられると訪れる観光客に向けた、ステーキ店が増えたといわれています。

2019年は、まさに今人気の牛肉をふんだんに詰め込んだ、おせち料理が神戸や大阪の百貨店にて販売されています。

 

今年は重箱にぎっしり詰まったローストビーフや和牛の赤ワイン煮込みなど、牛肉をふんだんに使った「肉おせち」が相次いで登場。

近年の肉ブームにあやかり、各社が“肉推し”で競っている。

(三島大一郎)  「最近は肉好きの高齢者が多い。食べ応えがあり、子どもも一緒に楽しんでもらえる」と話すのは、今月から店頭での予約受け付けを始めた大丸神戸店(神戸市中央区)の担当者。

ローストビーフや赤ワイン煮込み、しぐれ煮など一段がほぼ肉料理の「和牛の重」を今年初めて用意した。

和と洋風の重を加えた三段重で、税込み3万2400円。

ひょうご経済+より引用

 

今年もすでに、来年のお正月の食卓を飾るおせち料理の予約受付が、関西の百貨店でも始まりましたね。

 

おせち料理といえば、昔から和風のお重が主流ですが、和洋折衷のおせちも人気です。

子どもに和食をすすめてもあまり喜ばないけど、洋食なら案外喜んで食べるものです。

神戸の百貨店では、今年はお重にふんだんに、ローストビーフや赤ワインの牛煮込みなどをたっぷり詰めたおせちなど、牛肉をたっぷり使った豪華なおせちを販売しています。

肉を見たらみんなが笑顔になる、これは間違いない。

 

 

2019年の肉押しおせち料理を少しだけまとめて紹介

おせち料理

「銘柄牛ローストビーフおせち」

松坂牛の味噌漬けローストビーフ(リブロース・ハネシタロース)、松阪牛ローストビーフ(サーロイン)他12品

1段2人前

販売価格:32,400円

販売予定数:9個 

販売:阪急うめだ本店

 

おせち料理

神戸牛と赤城牛の塾成肉の和洋風おせち

一の重/神戸牛ローストビーフ、成熟肉ローストビーフ、彩り野菜(ブロッコリー、黄金芋)

二の重/和牛のグリル、和牛の時雨煮、和牛の赤ワイン煮、和牛のキッシュ 他7品

2段・2~3人前

販売価格:32,400円

販売予定数:15個

販売:阪急うめだ本店

 

おせち料理

あか牛のサーロインローストビーフ重の洋風おせち

一の重/あか牛サーロインローストビーフ、フォアグラ入りガランティン、サーモンのパイ包み焼 他6品

1段・2~3人前

販売価格:15,120円

販売予定数:35個

販売:阪急うめだ本店

 

これは、凄い!

思いっきり、肉力が強い、強すぎる。

どれもこれも、肉・肉・肉の一押しです。

どうやってお重の蓋を閉めるんだろうと、ちょっと気になる。

これだけ、豪華な内容ならコスパは決して悪くはないでしょう。

9月23日(日・祝)~12月25日(火) 地下1階 阪急梅田本店のおせち料理ご予約承りコーナーにて販売しています。

おせち料理

洋風オードブル

1段・2~3人前

販売価格 17,064円

こちらは通販で購入できます。

大丸松坂屋にて販売しています。

 

 

老若男女、みんなお肉大好き!

子どもはもちろんのこと、最近のお年寄りに魚よりお肉が好きという人が多いです。

お肉を食べる人は、元気で長生きできそう。

 

おせちを家で作るのって大変なんですよね。

手間・暇・時間がかかりすぎます。

買うよりも手作りの方が安く抑えることができるのなら、家で作りたいと思うけど、費用が掛かりすぎるのなら買った方が間違いなく美味しいし失敗もない。

なにかと忙しい師走に時間の節約になって大変助かります。

同じ買うなら、主流の和風のおせちもいいけど、変わり種のお肉たっぷりなおせち料理もいいですよ。

こういう時にこそ、普段あまり口にしない豪華なお肉を食べて、新年を迎えるのもいいですね。

神戸・兵庫カテゴリの最新記事