樋田淳也容疑者 逃走中は四国でお遍路さん お接待や野宿で過ごしたか?

樋田淳也容疑者 逃走中は四国でお遍路さん お接待や野宿で過ごしたか?

大阪・富田林署から逃走した【樋田淳也容疑者】は、四国の高知県東部にも滞在していた。

高知県田野町にある道の駅で、8月30日にその姿を目撃されています。

道の駅に行くのが好きな男です。

その時は同行する男の姿はなく、まだ樋田淳也容疑者1人の単独行動でした。

この時すでに、盗んだ白い自転車に生活用品一式を積んで移動していました。

お遍路をする人がかぶる、竹笠のようなものを持っていたといいます。

お遍路に竹笠をかぶって紛れ込んでいたら、それこそ樋田容疑者とは判別しにくいでしょう。

 

お遍路さんのお接待とは?過去にもお遍路に犯罪者がいた

お遍路さん

四国遍路の四国88か所参りは有名ですよね。

行ったことない人でも、その名を聞いたことがあるでしょう。

よく、テレビ番組などでも取り上げられているし。

お遍路歩きの数は毎年最大5,000人ほどで、そのなかには日本人はもちろんのこと外国人旅行者もいます。

外国人旅行者は、「道中衣」(お遍路で着る正装白衣)を着用せずに、ジーンズに竹笠姿で巡拝する人もいるので、樋田淳也容疑者も人目を避けやすかったのでしょう。

お遍路は今でこそ、タクシーお遍路や自転車お遍路など、歩くのがつらい人は乗り物に乗って、楽にお遍路ができるようになりましたが、かつては整備されていない険しい道を歩く、修行のように厳しいものでした。

いまでもお接待文化が根強く残っている四国では、そういったお遍路さんをサポートする気持をこめて、無償で食べ物を施したり、時には自宅に宿泊させる人もいます。

樋田容疑者は、お接待を受けていたこともあったのでしょうね。

歩き遍路が無料で泊まれる施設もあるので、お金がない樋田容疑者にとって、これほどありがたい場所はない。

盗難した生活用品一式で、気候も良く野宿もしていたのかもしれません。

 

その昔、2003年ごろ、大阪西成区で殺人未遂事件を犯して逃亡中の犯人が、6年間もお遍路偽装で遍路道を歩き続けていたそうです。

御年80歳の高齢で、手押し車を押して歩いていたそうです。

お遍路道中、この男が指名手配犯だとは誰も気がつかなかったのでしょう。

しかし、この男がNHKテレビ「にんげんドキュメント」で紹介されたことから、身元が発覚して即逮捕となったらしいです。

なんで、テレビに映るかなあ?

もうお爺さんだから、容姿が老けてバレないと思ったのか?

逃走の身でテレビ出演するなんて、どうかしてるぜ。

NHKは指名手配のことは知らなかったらしい。

そりゃあ、そうでしょうね。

この男は今年92歳で亡くなったそう、大往生です。

 

また、少し前のところで、

千葉県市川市で、イギリス人女性英語講師を殺害した罪で逮捕された市橋達也容疑者も、一時期お遍路にまぎれて行動していました。

なんでも、被害者の冥福を祈るためだったそう。

この男は2年2ヵ月も逃げていたんですね、その間、変装するために、自ら自分の顔を整形したことまで明かしています。

とはいえ、彼は美容整形外科医でもなんでもないので、やることは滅茶苦茶です。

自ら鼻を針で縫ったり、唇をハサミで切ったりと、もう意味がわかりません、ホラーです。

普通の人間ならできませんよ、その光景はまさに地獄絵図でしょう。

 

事件のことなどなかったような顔して平然と写真に写る図太い神経

野宿

樋田容疑者は逮捕時、逃走したときに身に着けていた服などを処分して、どこかで盗んだであろう上下ウィンドブレーカーに着替えていました。

生活用品や大量の衣類など約100点を持ち歩いていたそうですが、これらも移動しながら干してある洗濯物を拝借したり、万引をして揃えたものなのでしょう。

それにしても、凶悪犯が逃走中に撮ってもらったとは思えないほど、スッキリとした笑顔で通常旅行者のように写真におさまる樋田容疑者。

途中道の駅で、警察官に不審者通報で職質をされても、身バレしなかったことに自信をもったのでしょうか。

絶対に樋田淳也だと気づかれないという、変な自信があったのでしょうね。

女性は化粧とヘアスタイルで別人になる人がいるけど、樋田容疑者も坊主頭に髭面、日焼けした顔になると、まるで別人です。

自然体で変装できています。

しかし、ここでも警察の大失態です。

あれほど、大阪府警が血眼になって樋田容疑者を探しているのに、樋田を高知県警が職質までしておきながら取り逃がすとは。

なぜ、自転車の防犯登録番号の照会をしなかったのでしょうか?

照会すれば盗難自転車だとわかって、そこから樋田容疑者の逮捕につながったのでは?

私ですら、数日前夜自転車で信号待ちしていたら、警官に止められて防犯登録番号の照会をされましたよ。

「こんばんはー、家に帰る途中ですか? 自転車盗難犯罪防止のご協力おねがいします!」とかいって。

なぜ、私が?と思ったけど、まあいいか。

これも、おまわりさんのお仕事なんだから。

 

これから九州に行く予定だったのを警察に阻まれ、拗ねたように、警察に一切の黙秘を決め込む樋田容疑者。

永遠に捕まる気がしなかったのか?

それともいつ捕まってもいいように逃走中、精一杯好きなことをエンジョイしていたのか、彼の心の中まではわかりませんが、最終的に万引きで御用となってしまったことに、本人も納得がいかなかったのでしょうか。

樋田容疑者、万引さえしなければ、未だに発見されていなかったのかもしれませんね。

 

逃走犯 樋田淳也容疑者逮捕 逃走中お気楽 素顔を堂々晒す理由とは

富田林 逃走犯の現在は?潜伏先はどこ?「おい、樋田!」出てこいや

富田林逃走犯樋田淳也容疑者の現在は?警察の大失態に近隣住民苛立ち

大阪富田林 脱走犯人樋田淳也が尼崎で目撃されて兵庫県民震撼

 

事件カテゴリの最新記事