映画「死霊館のシスター (The Nun)」の上映館はどこ?上映日はいつ?

映画「死霊館のシスター (The Nun)」の上映館はどこ?上映日はいつ?

NUN

 

超絶恐ろしいと噂される『死霊館のシスター』

原題はThe Nun 意味は修道女とか尼僧

2018年9月21日より新宿ピカデリーほか、全国の映画館にて上映します。

死霊館のシスター上映場所はこちら

めちゃめちゃ怖いと今話題の米映画「死霊館のシスター」。

週末の北米映画興行収入ランキングで、5,350万ドル(約59億4,000万円)を稼ぎ、初登場で首位に躍り出た。

2013年から始まった死霊館シリーズは今まで4作品。

いずれも大ヒット!

そして、今回またまた恐ろしすぎるスピンオフ作品となるのが、『死霊館のシスター』という作品です。

もう、予告を見ただけで怖がりの私は、ノックアウト。

怖くて怖くて鳥肌ものでした。

この映画、絶対に1人で観に行けない。

トラウマになるので、死霊館のシスター観に行った日の夜は、家で缶チューハイ飲んで酔っ払って寝ようっと。

 

 

死霊館のシスターのあらすじ

1952年、ルーマニアの修道院で1人のシスターが、不審な自殺を遂げる事件が起こった。

不可解な事件を調査するために、教会から派遣されてきたのは、バーク神父と見習いシスターのアイリーンだった。

自殺したシスターの死の真相を解明するなか、悪魔のシスター・ヴァラクの存在が浮上する。

修道僧たちは命懸けでヴァラクと戦うことになるのだが、百戦錬磨のヴァラクをそう簡単に倒せるはずもなく

というストーリーになっています。

映像全体が薄暗く、景色も建物も全体的におどろおどろしい。

この作品のロケ地は、東欧ルーマニアの古い軍事要塞。

古い軍事要塞と聞いただけで、もう無理。怖すぎる。

この作品の監督コリン・ハーディが、撮影中にこの場所で怪奇現象に遭遇したとかいう、いわくつきの場所だったんですね。

不気味で気持ちの悪さがにじみ出た映画。

ホラー映画なんだから、当たり前か。

悪魔・神父・シスターといえば、ホラー映画の鉄板ですなあ。

 

死霊館はシリーズものだった

この恐ろしい映画、5年前からあったんですね。

時系列でいうと、今年2018年に上映する『死霊館のシスター』が2番目に古いですね。

2017年公開  1943年 『アナベル 死霊人形の誕生』
 
2018年公開  1952年『死霊館のシスター(The Nun)』

2014年公開  1967年 『アナベル 死霊館の人形』

2013年公開  1971年『死霊館』

2016年公開  1974年『死霊館 エンフィールド事件』

そして、なんと地上波でも死霊館シリーズが放送されるんですね。

『死霊館』9月8日放送

『死霊館 エンフィールド事件』9月15日放送

『アナベル 死霊館の人形』9月29日放送

いずれも深夜3時15分より、テレビ東京にて放送します。

真夜中にこんな恐ろしい映画を放送するんですね、怖い。

 

 

この映画は4D方式での上映となります

死霊館のシスターは4D上映となります。

4D上映ってなに?ってひとのために、ここで少し説明します。

映画の上映中に、シーンに応じて座席を動かしたり、風や香り、水しぶきなどを出したりする上映方式。

3D映画よりも、ダイナミックで臨場感あふれる、体感型の演出が盛り込まれています。

水しぶきがマジでかかってきたり、イスが動いているので飲み物をこぼすこともあります。

ずっとアトラクションに乗っている感覚とでもいいましょうか。

ようやく日本国内でも観れる映画館が増えてきたとはいえ、まだまだどこの映画館でも観れるわけではないです。

4DXを導入していない映画館では、死霊館のシスターを2Dで上映する映画館もあります。

4D映画には【4DX】と【MX4D】の2種類の4Dがあります。

【4DX】

シートの可動、水しぶき 、香り 、煙 、風圧 、雷 、雨 、バブル 、ミスト

【MX4D】

シートが前後上下左右に可動 、首元への感触 、背中への感触 、香り、 風、水しぶき、足元への感触、地響き、突風、霧 、ストロボ、ミスト

 

それぞれこのような演出を体験できますが、映画館によっては、これらのモーション以外のものが追加されているところもあるようです。

 

値段は通常映画料金+1,000円 【4DX】

値段は通常映画料金+1,200円 【MX4D】

身長が100cm以下の子どもは鑑賞することができません。

なんだか、テーマパークのアトラクションみたいです。

小さい子は、上映中にトイレに行くの大変そう。

死霊館のシスターは4D上映映画ですが、お近くの映画館にあるとは限らないので、その場合は残念です。

少し遠くても足を延ばして、4D映画で観るのもいいかもしれませんよ。

4D上映はまだまだ、新しい映画形態なので、今後少しづつ対応映画館が増えていくと思われます。

死霊館のシスター出演者

監督 コリン・ハーディ

脚本 ゲイリー・ダウバーマン

製作 ジェームズ・ワン

出演 タイッサ・ファーミガ /  修道女アイリーン  

   デミアン・ビチル / バーグ神父

   シャーロット・ホープ /  修道女ヴィクトリア

   マニュエラ・チューカー  /  修道女クリスチャン

   ボニー・アーロンズ  / ヴァラク悪魔の尼僧

 

 

エンタメカテゴリの最新記事