アパマン爆発 ヘヤシュ代金ぼったくり 消臭剤撒いたふり詐欺に入居者憤り

アパマン爆発 ヘヤシュ代金ぼったくり 消臭剤撒いたふり詐欺に入居者憤り

 

12月16日(日)夜8時過ぎに札幌市豊平区平岸3条8丁目で起きた大規模な爆発事故。

 

どうやら爆発が起こった原因は、アパマンショップの従業員がスプレー缶120本以上に穴を空けた直後、手を洗おうとして給湯器の火を点けて爆発したことが原因だ。

 

この爆発により、直接の爆発現場であるアパマンショップは跡形もなく吹っ飛び、隣の居酒屋の店舗も崩れ落ちた。

 

現場の建物からは炎が激しく上がり、煙が立ち込め周辺の人々を巻き込み、42名もの負傷者を出した。

 

付近のマンションや店舗のガラスが割れ吹っ飛び、走行中の車も影響を受けたと思われる。

 

アパマンショップ周辺は目も当てられない大参事となった。

 

 

爆発事件後明るみに出たヘヤシュ消臭抗菌スプレー撒いた詐欺

まったくもって一体全体なにをやってくれたんだと、開いた口がフサガラナイこの爆発事故。

 

アパマンショップ従業員は、札幌市の条例でスプレー缶の中身を使い切って穴を空けずに半透明の中身が見える袋に入れて廃棄するという規則を無視して、中身が入ったままのスプレー缶に穴を空けて廃棄するつもりだったのでしょうか?

 

 

中身を使い切るには膨大な量過ぎて、一気に穴を空ければなんとか処分できると思ったのか?

 

無駄な作業をして、最後はこのざまか。

 

爆発事故の原因となったスプレー缶はアパマンショップで、物件の消臭に使われる除菌抗菌スプレー缶「ヘヤシュ」というものだ。

 

 

ヘヤシュとは

ヘヤシュは消臭・抗菌スプレー。

 

部屋に撒くと、部屋の中のイヤなニオイが消える消臭剤です。

 

ヘヤシュ自体はなんの問題もないけど、アパマン従業員たちのヘヤシュの使い方がダメなんです。

 

なんと、アパマンショップは、お客様の入居時の初期費用に部屋を抗菌する費用として、12,000円~25,000円程度の料金を徴収。

 

 

消臭・抗菌代は物件によって変わってくるが、神奈川県の築23年の3LDKマンションでは消臭抗菌代21,600円(税込)となっている。

 

入居時に消臭抗菌作業をしていただけるなんて、なんとありがたい、古い物件ほどありがたい。

と思うが、実際はスプレーをちょろちょろっと撒いて終わりだそう。

 

それどころか、抗菌代を受け取っても撒くのを忘れてなにもしないこともあるんだとか。

同社が抗菌代を初期費用に上乗せしながら、実際にはスプレーを噴射するだけか、もしくはそれすらしていなかった可能性があることに対し、ネットでは「消臭ってただのスプレーかよ」「客に1万5000円支払わせて実際は店員がスプレーするだけだったらしいね」と不満を抱いた人も多かった。

livedoor newsより引用

 

目に見えるものではないから、お客の目の前で抗菌作業をしない限り気づかれることもないだろう。

 

「お店が繁忙期とか忙しいときにお客さんから料金頂いて『抗菌やりますよ』って言っているけど、後々気が付いて忘れていたことは結構ある(中略)売り上げには抗菌スプレーを使ったことにはなっていて、それが丸々1本残るのはおかしいことなので、どこかで使い切らないといけない」

livedoor newsより引用

 

それでも、売り上げにはスプレー代金が計上されているので、スプレーが残っていると怪しまれると思い、使い切ったように見せるためにスプレーを店内で撒き散らしたのだろう。

 

このたびの爆発事件でこのような詐欺まがいなことが露呈されてしまった。

 

アパマン適当なことやってんなあ。

お金を受け取りながら、作業したふりするなんて適当過ぎるだろう。

 

 

社長の謝罪

株式会社アパマンショップリーシング北海道 代表取締役 佐藤大生

「被害に遭わせてしまった方々、皆さま、本当に心よりおわび申し上げます。大変申し訳ございませんでした」、「事故の当日にいた社員2名と話をすることができました。社員の方から聞いた話によると、消臭スプレー120本を廃棄処分している最中に、給湯機のスイッチを押した瞬間に爆発が起こったというようなことを聞きました」

ヤフーニュースより引用

 

 

ツィッターのみんなの声

 

 

 

 

 

 

 

さいごに

アパマンショップ平岸店は今現在HPから削除されている。

当然といえば当然だが。

店舗がお店ごとなくなったんだものね。

 

アパマンショップの従業員が爆発事故を起こし、そのせいで、顧客からお金を取っておきながら消臭除菌スプレーが未使用だったことが発覚。

これは詐欺罪に抵触する可能性もあるのでは?

まったくもって、踏んだり蹴ったりなアパマンショップである。

事件カテゴリの最新記事