絶対役立つ警視庁の防災豆知識が今話題 マジで目からうろこだよ

絶対役立つ警視庁の防災豆知識が今話題 マジで目からうろこだよ

このあたりは今日も、大雨警報が発表されている。

そんなに、大雨っていうほど降ってないんだけどなあ。

大雨警報、今年は多い。

今年に入って何回警報が出るんだよ。

部活休めるからって喜んでいる、フトドキな奴が家にいるけど(笑)

今年は災害がとくに多い年です。

やっと台風21号が去ったと思ったら、入れ替わるように起こった北海道地震。

この先、またどのような災害が起こるかわからない、まったく予測不可能です。

災害が起こるのは対岸の火事ではない。

いつ自分の身に起きるか誰も予測できないから、常に危機感を持って暮らさなきゃないけない。

役立つ警視庁の防災豆知識 ぜひ頭に叩き込んでおこう

そこで、今、一連の災害を受けて注目されている防災豆知識がこれ。

キーワードは

「懐中電灯」

「ランタン」

です。

用意するのは懐中電灯と水の入ったペットボトルの、たった2つだけ。

電源を入れた懐中電灯の上に、水を入れたペットボトルを乗せると、周りを明るく照らすことができます。

これなら子どもでもできます。

ペットボトルと懐中電灯で、ランタンができあがります。

懐中電灯が小さくて安定しなかったら、コップに入れてその上にペットボトルを置くことも可能です。

防災用品の中で、とくに懐中電池、新しい電池、ペットボトルのお水は常に常備しておくと安心です。

懐中電池は単1電池を使っているものが多いのですが、単1~単3まで、どの電池でも使えて懐中電灯の中に電池の保管もできる便利なモノもあります。

地震で混乱する中で、慌てて新しい電池を探さなくてもいいので助かります。

また、怪我をしたとき絆創膏を貼るテクニックなども目からうろこです。

インスタントラーメンを、そのまま食べる方法などもあります。

水があっても、お湯が沸かせないことがありますからね。

その方法はというと、ラーメンを袋の中で粉々にして、調味料を入れて袋を振って混ぜ混ぜして、そのまま食べるというものです。

なるほど、ベビースターラーメンみたいですね。

警視庁警備部防災対策課のツイッターは、このような防災豆知識を豊富に発信しています。

公衆電話は災害時無料で使えるって知ってた?

公衆電話は大規模な災害が起きると、お金を入れなくても受話器を上げて番号を押すだけで、無料で通話ができます。

停電の時も通話OKです。

ただし、昔のようにそこらへんにどこでもあるわけではないので、あまりあてにならないかもしれません。

最近駅でもあまり見かけないし、近所にあった唯一の公衆電話も撤去されて今はない。

また、相手の電話番号がスマホにしか入っていなかったら、もうお手上げです。

生まれた時から、すでに携帯電話やスマホしか知らない子どもに、機会があれば公衆電話の使い方を教えておきましょう。

災害時これだけは絶対にないと困るものだけでも、最低限揃えておこう

防災グッズ

なにが起こるかわからない自然災害。

それは今日かも知れない、明日かもしれない、3年後かも知れない。

だから事前にできる準備は、少しづつでも進めておきたい。

備忘録として書いておこう

我が家には大人3人と猫2匹がいます。

とりあえず、おもに

●カップ麺大量

●六甲のおいしい水1ケース 6本入り

●カセット式コンロとボンベ

●ろうそく

●ライター

●懐中電灯

●猫のカリカリ、余分に購入済み

●猫壱ポータブルケージ購入済み

今のところ、これだけしか備蓄していません。

まだまだこれだけでは不足しています。

 

これから揃えたいもの

●歯磨きシート

水なしで使える。

シートを人差し指に巻き付けて、口の中をふきとることができる。

●携帯用トイレ

水が流れない自宅のトイレで使えるものや、強化段ボールが台座になる小便用のトイレなど、様々なものがあります

バスタブに張った水を利用するのもありです。

●水のいらないシャンプー

普段から、頭が洗えない時に使っています。

●レトルト食品

カップ麺は揃っているので、レトルト食品なども買い足す。

ローリングストック法で、賞味期限が切れる前に食べて、また買い足すの繰り返し。

停電でレンチンできない時、さとうのごはんはフィルムをはがさず、沸騰したお湯の中で15分以上過熱して温めることができます。

地震対策グッズが一式入った、防災セットを備蓄するのも1つの方法ですが、そこまでは必要ないなあと思う方は、最適限度必要なものだけでも、そろえておくことをお勧めします。

明日は我が身。

ちなみに、我が家は防災セットを買うことは辞めました。

防災セットは備蓄するものを、なにをどうそろえるか考える煩わしさがないし、そのまま外にも持ち出せて便利なんですけど、我が家にとっては必要のないものも多い。

缶詰食品が苦手ということあるし。

本当は私、レトルト食品も一切食べられない。

なんだかあの独特の臭いが受け付けられないんですよね。

でも、死ぬか生きるかの瀬戸際の時に、そんなこともいってられません。

その時は頑張って、レトルト食品食べます。

備えあれば患いなし。

地震が起こった時に慌てなくて済むように、あの時買っておけばよかったと後悔しないように、先だって防災お役立ち用品を準備しておきましょう。

なにをそろえたらいいのか、迷ったときは

防災避難セットを参考にすると、なにを買えばいいか一目瞭然ですよ。

 

台風25号 近畿地方に接近するのはいつ?直撃の可能性は?進路は?

台風25号(コンレイ)がまた発生 2018年韓国人の反応が嫌日すぎてえげつない

北海道地震 気になる部屋の散乱 避難路確保のために部屋を少しでも片付けよう

今うわさの「飲めるご飯」とは?火がいらない、お腹がすいたら即飲める

災害カテゴリの最新記事